機能性アロマ研究会が発信する抗菌アロマテラピーのサイトです

抗菌アロマテラピー研究会

【入門編】「抗菌アロマテラピー」の考え方に関する問題 その1

各問の解答をA〜Eの中からひとつ選択せよ。


1 抗菌アロマテラピーでは、おもに精油(精油成分を含む)の3つの作用を用いる。①直接の抗菌作用 ②抗炎症作用 それにもうひとつは何か。

A.鎮痛作用 B.粘膜保護作用 C.免疫増強作用 D.コーチゾン様作用 E.免疫調整作用

2 精油を初めて医療現場に導入し、『アロマテラピー』という本を出版した医師は誰か。

A.ジャン・バルネ B.ルネ・モーリス・ガットフォセ C.ロバート・ティスランド D.イブン・シーナ E.ロジェ・ジャロア

3 精油の抗菌活性は、いつ頃の記録にあることがわかっているか。

A.古代エジプト文明 B.古代ローマ文明 C.黄河文明 D.インダス文明 E.マヤ文明

4 抗菌アロマテラピーの対象とならないものはどれか。

A.おもに炎症が関連するトラブル
B.おもに長期にわたる感染トラブル
C.おもにウイルス感染によるトラブル
D.患者の命の危険性がある感染トラブル
E.おもに真菌感染によるトラブル

5 抗菌アロマテラピーで用いる精油やハーブウォーターは薬ではありません。そのため、絶対にやってはいけないことは何か。

A.医師に、精油やハーブウォーターの有効性についての情報を提供する。
B.健康トラブルに有効だといって、精油やハーブウォーターなどを販売する。
C.精油やハーブウォーターに有効性があることを示した論文を文書で配布する。
D.患者に、精油やハーブウォーターの有用性についてアドバイスをする。
E.精油やハーブウォーターが有効であることを講演して広める。


≫正解と解説はこちら