機能性アロマ研究会が発信する抗菌アロマテラピーのサイトです

抗菌アロマテラピー研究会

2018年2月 基礎講座を開講いたします。

『抗菌アロマテラピー』を知るための、「抗菌アロマテラピー基礎講座」を開講します。「抗菌アロマテラピーってよく聞くけれど、どのようなことを言うのか」「抗菌の作用がある精油についてもっと知りたい」といった、抗菌アロマテラピーの基礎を知りたい方々の声に応えたプログラムとなっています。実験やワークショップも取り入れた、実践的な講座です。ご応募、お待ちしております。

 

主催:抗菌アロマテラピー研究会(代表 安部茂) 後援:㈱もんじゅ

日時:2018年2月24日(土)、3月3日(土)、3月10日(土)の3回  各日13時から17時

場所:東京都千代田区周辺

料金:講座3回分で 21、000円

募集予定定員:20名

講師等予定:安部茂、山﨑正利、江澤邦夫、高橋美貴

申し込み方法:2017年12月1日から15日まで、ホームページ(http://koukin-aroma.jp)にて申し込みを受け付けます。応募者が20名を上回った場合は抽選となり、12月20日に抽選の結果をご報告いたします。

講座の内容:3回の講座の内容は以下となります。

【第1回講座 2月24日(土)】 感染トラブルと抗菌アロマテラピー

解説:アロマテラピーがあつかう心身の様々なトラブルのうち、感染、炎症、免疫などが関連するものを対象にする技術が抗菌アロマテラピーです。この講座の第1回は、微生物感染トラブルに対して、抗菌アロマテラピーがどのように役立つかを解説いたします。精油は、細菌、真菌、ウイルスの感染力を弱めるのと同時に。私たちの体にも働きかけ生体のバランスを取ります。それを利用するとどのようなアロマテラピーが可能かについてお話しいたします。

植物精油:ティートリーなど 実験:抗菌アロマジェルの作製などを予定

【第2回講座 3月3日(土)】 炎症と免疫そのトラブルと抗菌アロマテラピー

解説:私達が日々の健康を保つには、異物に対する生体防御機構が大切です。免疫機構や炎症反応はそれを担っていますが、しばしばその破綻からトラブルが起きます。アロマテラピストが知っておくべき、免疫と炎症のしくみやそのトラブルについて、やさしくかつ分かりやすくお話しするつもりです。

植物精油:ゼラニウムなど 実験:抗炎症アロマスプレーの作製などを予定

【第3回講座 3月10日(土)】 腸と抗菌アロマテラピー

解説:腸の具合が悪いと言うと、消化不良や便秘などを思い起こしますが、実は腸は私たちの身体で最大の免疫器官であるばかりか、腸からのシグナルが脳に到達し健康を保っている部分もあるのです。さらに最近は腸内細菌の役割や色々な乳酸菌の効果についても、精油やアロマと併せて考えると役に立つでしょう。

植物精油:オレガノなど 実験:機能性乳酸菌に関連する実験を予定