機能性アロマ研究会が発信する抗菌アロマテラピーのサイトです

抗菌アロマテラピー研究会

研究会の紹介

帝京大学医真菌センターのメンバーを中心に結成された『機能性アロマ研究会』が、2017年2月に新しく立ち上げたのが『抗菌アロマテラピー研究会』です。アロマテラピーの多くの機能の中から抗菌(感染や炎症に対するアロマの機能)に特化し、多くの人にその重要性とおもしろさを伝えたいと考えています。
健康に役立つ抗菌アロマテラピーについて、皆さんが興味をもち、知識を膨らませ、そして実践していかれることを願っています。

メンバー紹介

代表 安部茂

帝京大学医真菌研究センター所長 帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科教授・医学系大学院研究科教授。
東京大学薬学系大学院博士課程修了・薬学博士。
現在は、真菌症の病理解析、診断・治療法の開発、発酵食品による健康増進法の開発、抗菌アロマセラピーを研究テーマとしている。
日本医真菌学会、日本細菌学会、日本アロマセラピー学会などに所属。
-MESSAGE-
抗菌アロマテラピーは、だれでも簡単に始められることで、セラピストの必修技術です。なぜなら、日常生活に結びついており、もっとも生活に生かせるアロマ技術だからです。

顧問 山﨑正利

帝京大学薬学部名誉教授 帝京大学医真菌研究センター客員教授。
東京大学薬学系大学院博士課程修了、薬学博士。
日本薬学会、日本癌学会などに所属。

理事 江澤邦夫

帝京大学医真菌研究センター非常勤講師 芝浦工業大学非常勤講師。
元カルピス株式会社 執行役員 健康・機能性食品開発研究所長。
東京大学薬学部 薬学博士。